出張マッサージは世界共通語

単身赴任で銀座、暮らしを初めてからは、出張マッサージを利用する機会がありませんでした。仕事が忙しすぎることが一番の理由です。次いで、馴染みのマッサージ師でなければ物足りないという先入観を持っていました。何度かネット上の口コミサイトを参考にして、予約に踏み切ろうと思ったことはあります。いつも電話をかけるときになると億劫になるので、あと一歩が踏み出せずにいました。長期休暇を取ったときに、実家で出張マッサージを受けようと考えていたときです。急に腰が痛くなりました。寝違えではなく、長時間座り仕事をしていたことが原因です。立ったまま作業を行える職場ではありませんでしたので、腰の痛みが酷くなっていきます。あれこれと理由を考えては逃げている場合ではないと思い、都内で出張マッサージを依頼できる店舗に問い合わせをしました。幸運にも、当時は半日だけ有給休暇を取得することが可能な状況です。これで少しは楽になれると思った矢先、少しだけ困ったことがありました。セラピストの日本語が、中国訛りのように聞こえます。細かい要望を出しても理解してもらえないというわけです。何も言わずにマッサージを受けていると、腰の悪い部分を即座に理解してもらえたようでした。何とか腰痛が和らいだので、その後の仕事を快適に進められました。

お電話

銀座出張マッサージに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ